Top Page > 節約術編 > 節約計画の立案

節約計画の立案

できる節約とできない節約を見極める


写真



家計簿から普段何にどれだけのお金を使っているのかが見えてきたら、次は具体的にどの項目を節約の対象とするのかを明確にしましょう。

節約を意識してはいるけど節約できない人の殆どに、具体的な節約対象となる項目を決めずに漠然と全てに対して節約していこうとする傾向があります。

出費が発生する項目全てを節約の対象としてしまっては、日常生活や仕事などに悪い影響を与える可能性があります。

あまりにも生活が窮屈になってしまったり、仕事に影響があり収入が減るような自体になってしまっては本末転倒です。

あまり無理なく上手に節約し貯蓄をする、そして築いた資金を財テクで運用し更にお金を増やすことが私達の目標ですから、そこへ到達するまでに挫折に追い込まれるようなことの無いように、しっかり計画を立案するべきです。




貯蓄金額の目標と達成までの期間を決める


節約の目的はお金を貯める為です。
したがって、貯めたい金額についてもしっかり目標設定しましょう。
この際、あまり長期的な目標や無暗に高い金額の目標にはせず、現実味のある目標設定にして下さい。
次いで、具体的に節約する為の項目を決めていきます。

必要な費用は削らない
無駄のみを削る
無駄の中でも我慢しやすいものから始める

上記3つを念頭に、先ずは確実に節約できそうな項目をピックアップしましょう。この時、選択した項目を節約することで具体的に幾らお金が残るのか必ず記録して下さい。
そして目標とした貯蓄金額に達する期間も明確に記録し、あまりハードルは上げずに先ずは1週間~1か月実践してみるのです。

兎に角、失敗に終わっては意味がないのです。
少額の効果だとしても、継続すれば確実にお金は貯まるわけですから、自分自身の成功スタイルを見つけ出し、節約に慣れることが先決です。

目標は達成される毎に段階的に再設定し、徐々にハードルを上げていきましょう。




以上、『節約計画の立案』を紹介しました。

では、具体的事例を基に個別の節約術を確認していきましょう。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、バナーのクリックお願い致します。


NEXT ▶ 節約術編まとめページ


関連記事




コメント

コメントを残す

Secret


注目度No1本格的に稼げるポイントサイト

報酬単価でASPを選ぶなら!

無料メルマガ登録

今月の管理人おすすめサイト

最新記事

今月の人気ページランキング!

スポンサードリンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
274位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
60位
アクセスランキングを見る>>

初心者でも即日開業できるネットショップ

お金が稼げるブログの作り方

ご質問・お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項

当ブログに掲載する情報については細心の注意を払っていますが、その内容の正確さについて保証するものではありません。 当ブログの使用または閲覧によって生じたいかなる損害も、一切の責任を負いかねますことを予めご了承下さい。