Top Page > 在宅ワーク・内職編 > ネットオークションで稼ぐ

ネットオークションで稼ぐ

本格的にせどりで稼ぐ為に必要な知識


写真



普段インターネットをする人なら、「ネットオークションで商品を購入したことがある」と言う人は多いと思います。

今やネットオークションは通常のネットショッピングと変わらないくらい、私達にとって欲しいものを手に入れる為のお手軽で便利な手段となりました。

一方で、ネットオークションの出品者としての利用も年々手軽なものになり、自宅の不要品などをオークションにかけたことがある人も少なからずいるのではないでしょうか。


このように、私達の生活に広く深く浸透しているネットオークションですが、このシステムを利用してお金を稼いでいるネットユーザーも沢山います。

「せどり」なる言葉をネット上では、よく見かけるのではないかと思うのですが、これこそがネットオークションを利用した代表的な稼ぎ方となります。

せどりの最もポピュラーな手法は、中古書籍販売大手のブックオフなどから中古本1冊100円くらいで仕入れてきて、オークションで高く転売し利益を得ると言うものです。

その他にも稼ぎ方は色々あります。

ブックオフなどの中古書籍を転売する
オンラインゲーム内のアイテムやお金を転売する
ヤフオクなどでまとめて落札した商品を個別出品で稼ぐ
自作情報商材を販売して稼ぐ
海外商品を入手して転売する
委託出品のマージンで稼ぐ
自宅にある不用品などの出品で稼ぐ
自分で作成した作品を販売して稼ぐ

などなど、思いつくものを挙げてみましたが、私自身が知らないような稼ぎ方ももっと沢山あると思います。

但し、オークションの参加は出品者としても簡単にできるのですが、ビジネス的感覚でそれなりの利益を出し続けるとなると、やはりそれなりの知識や経験が必要となります。




せどりで稼ぐ5つのポイント


1、利益が出せる商品を見極める
当然ながら稼ぐ為には、安く仕入れて高く売る必要があります。
しかし、単純に仕入れ価格よりも販売価格(落札価格)を上げれば良いと言うものではありません。
落札者は商品価値に見合う金額提示しかしませんので、設定金額が妥当か否かは慎重に見極める必要があります。
特に出品数の多い商品などは、より低価格を競う傾向にありますので注意が必要です。



2、希少価値の高い商品を見極める
世間一般的に希少価値が高くなくとも、少数のマニアには高値で取引される商品も数多くあります。
掘り出し物やお宝商品を探し出すには、自分自身の価値観だけではなく、様々な専門分野から見た価値観で商品評価する必要があります。



3、できるだけ状態の良い商品を仕入れる
希少価値の高いレア商品であれば、状態が悪くても高値で取引されるケースはよくありますが、数多く出品されている商品の場合は、低価格且つ良質のものが人気を集めます。
しっかりと自分の目で商品を確かめ、できるだけ状態の良い商品を仕入れる必要があります。



4、最新のマーケット情報を把握する
オークション業界での現状を把握し、上手に売る為のマーケティングスキルを身に付けることはとても重要です。
何が人気で、何が高く売れ、どの層に支持されているのか、常にアンテナを張り巡らせて最新の情報を入手する努力をしましょう。



5、適切な販売ルートの選択
せどりの販売ルートはヤフオクやアマゾンマーケットプレイス、楽天オークションなど幾つかあります。
手数料の違いや、出品できる商品の違い、システムの違いなど、それぞれに特徴があり、出品者のスタイルに応じてメリット・デメリットがあります。
より稼ぎやすい販売ルートの選択は大切です。




オークションで稼ぐ為の強力な味方


オークションのツール・ノウハウならオークファン





閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、バナーのクリックお願い致します。


NEXT ▶ 在宅ワーク・内職編まとめページ


関連記事




コメント

コメントを残す

Secret


注目度No1本格的に稼げるポイントサイト

報酬単価でASPを選ぶなら!

無料メルマガ登録

今月の管理人おすすめサイト

最新記事

今月の人気ページランキング!

スポンサードリンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
274位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
60位
アクセスランキングを見る>>

初心者でも即日開業できるネットショップ

お金が稼げるブログの作り方

ご質問・お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項

当ブログに掲載する情報については細心の注意を払っていますが、その内容の正確さについて保証するものではありません。 当ブログの使用または閲覧によって生じたいかなる損害も、一切の責任を負いかねますことを予めご了承下さい。